PS4「DARKSOULS3」のあらすじ・感想。ソウルシリーズ最高傑作

ゲームレビュー
出典:ソニー

私が今回語りたいのはフロム・ソフトウェアより発表された「DARKSOULS3」というゲームです。

「DARKSOULS3」のあらすじ

世界がまだ神話の時代、人々は初めて火を手にしました。

神は、火を絶やさせない為に「薪」となる人柱の「王」を定め、次世代へと継承させていきました。

そしてこの時代、「薪の王」の王座は空席となっていました。

消えようとする「火」を絶やさない為に、選ばれた「薪の王」達を連れ戻す旅に出るのでした。

制作フロム・ソフトウェア

対応ハードPS4・Xbox

2016年3月24日発売

「ファイアーエムブレム風花雪月」あらすじ・感想。350時間遊べるSRPGの超名作
今回私が紹介させて頂きたいのは「ファイアーエムブレム風花雪月」というニンテンドースイッチで発売したゲームソフトになります。 プレイすればするほど、どんどん夢中になれるこのゲームを350時間ほどプレイしましたが、その魅力が少しでも伝える...

「DARKSOULS3」ネタバレありの感想

「DARKSOULS」シリーズ自体は1~3作まであるアクションRPGです。

外伝作を含むとまだあるのですが、私は弟に薦められ、最終作である「DARKSOULS3」からプレイし始めました。

そして今作をクリア後に1作目をプレイしました。

そして残念ながら2作目はまだ体験しておりません。

シナリオの順番的には真逆からのスタートなのですが、その時に私が持っていたハードがPS4しか無かったこともあり、このような形になってしまったのです。

私がプレイした時には、いわゆる「死にげー」としてすでに有名だったので、少しだけやってみて、あまりにも難しいようならばすぐに止めようと、この時は考えていました。

そして噂通り、なるほどすぐゲームオーバーになります。

初めのうちはそもそも操作が慣れません。

例えば、私が今までプレイしてきたアクションゲームでの攻撃ボタンの配置と全く別の所にあるので、行動する度に一々考えてしまい、手が止まってしまうのです。

さらにモブである敵のキャラがすでに強すぎで、油断していると本当にすぐやられてしまいます。

そして、操作性にある程度は慣れたかな、と感じてきた頃に戦う初回のボス「灰の審判者グンダ」がとにかく強いです。

ゲームを開始して、10分も満たないぐらいに出てくるボスなのですが、そんな生半可なプレイ技術で俺に挑んでくるのか、と言わんばかりに一回戦目はボコボコにされました。

チュートリアル終わったばっかりでこの戦力を投入してくるの!?と、信じられない気持ちが私の体中を巡りました。

しかしその後は弟のアドバイスを受けながら次第にグンダを追い詰めていくと、これまでのテレビゲームでは感じた事の無い緊張感が私を包み込んでいきました。

このゲームには、操作するキャラの回避行動や防御等に使用する体力ゲージがあるのですが、それが切れないように配慮しながら、敵の激しい攻撃に耐えて、ようやく見つけた隙を突いて攻撃を繰り返します。

それを時間をかけながら積み重ねて、ようやく敵の体力が底を見せ始めました。

ものすごい集中していた結果、気が付くと自分でも聞こえるくらいの心音が高鳴っていました。

そして、あと一撃で相手を倒すか、こちらがやられてしまうかの瀬戸際で敵のカウンターを受けてしまった日にゃあ心が折れそうになってしまいます。

ようやく初回のボスを倒せた瞬間、まるで全力疾走をした後に自己タイムを更新したかのような達成感と安堵感が全身を突き抜けました。

そして確信したのです。

これはすごいゲームだと。

しかし直後に絶望感が私を襲いました。

このゲームも他のRPGと同じくレベルの概念があるのですが、そのレベルに必要な経験値が、ゲーム内で死亡してしまうとその場に全て落としてしまうのです。

リスタートのポイントから、再度それを回収することが出来れば、何も問題は無いのですが、回収前に再び死亡してしまうと、これまでに得た経験値が消失してしまうのです。

そして私はやっと倒したグンダの経験値をあっという間に消失させてしましました。

そのがっかり感は、仕事で失敗したときのそれと同じ感覚を覚えたのです。

しかしその感覚を先に覚えることが出来たのは幸運でした。

その先にある「篝火」と呼ばれるリスタート地点までの道のりまでの心の持ち方を知れたのですから。

まさに「帰るまでが遠足」の代表的な例だと思います。

やり進めていく内に自分の努力が報われていく感覚を非常に実感します。

「ホラーゲームに近い」

このゲームは上記で語ったように、序盤から貯めた財産をいかに守るかを考えながらプレイしていくことになります。

強い敵をかいくぐりながら、どこにあるかも分からないセーブポイントを恐る恐る進んでいくこの感覚は、まるで何かに怯えながら生き残りを目指す、ホラーゲームに感覚が酷似していると思います。

ゲーム自体にプレイヤーを怖がらせるような演出等があるわけでは無いのですが、気が付くと死にたくない恐怖に緊張しながら、慎重にプレイしている自分に気付きます。

「戦略が大事」

慎重にプレイしていくと自然と伴ってくる戦略的な頭の使い方も面白さの要因だと分かってきます。

目の前に広がるフィールドから、まず自分はどこに辿り着き落ち着こうか、敵はどこに潜んでいて何をしてきそうなのか、障害物をどう利用しようか、等。

ここだけ切り取ると、これはシュミレーションRPGっぽさも含んでいるのです。

そして、初めの頃はちんぷんかんぷんだったステータスの値の重要さに気付き出すと、もうすっかりこのDARKSOULというゲームの沼にはまってしまっている良い証拠です。

このゲーム自体一見するとステータスの画面が文字と数字でごちゃごちゃになっています。

序盤は何をどう見て良いものか全然分かりません。

言い方を変えると、キャラクターの成長に関わるやり方の自由度が高すぎるのです。

なので、どんなキャラクターとして育てたいのかをしっかりと将来設計することが重要でもあります。

まるで人生です。

「世界観が格好良い」

次第に世界観に魅了され始めます。

崖の上から見える広大な大地や、雲よりも高くそびえ立つ太古の城などは、プレイする手を止めてしばらく見入ってしまうほどです。

しかも、それの一つ一つにちゃんと継承されているストーリーがあることを、私は過去作をプレイして知りました。

世界観としての設定も惚れてしまいます。

神話の時代であり、まだ秩序として定まりきっていないというのが格好良いです。

この世界は「死」という概念すら定まっていないので、敵として出てくるキャラクターは全員不老不死です。

なので、長く生きすぎた結果、頭がおかしくなって亡者化してしまっているのです。

個人的にはすごくしっくりくる内容でした。

さらには物語の重要な位置づけに当たる「火」の存在の大きさです。

現代社会においても火は大切なものです。

それが発する原始的な光や熱は、やはり切っても切り離せないものですよね。

人類が出会った「火」に対して、原点回帰した尊重の感情を大切にしているからこそ生まれたシナリオなんだと個人的には感じています。

そもそもこのゲームに関して、公式に設定されている詳しい記述というのが無いそうなのです。

そこもまた、個人が思える考察を繋げて考えることが出来る「隙」を設けられているところも面白い要因だと思います。

「登場するキャラクターが魅力的」

登場する人型のNPCキャラクタ-も魅力の1つなのですが、なんと言っても、各地に構えているボスがとにかく格好良いです。

上記に触れた通り、詳しい設定自体が存在していないようですが、それでもボスの一人一人に用意されているドラマの背景を思わせてくれる演出が仄かに匂ってくるのです。

個人的に一番好きなボスは「神喰らいのエルドリッチ」というボスです。

この輩、元々は聖職者だったらしいのですが、同時になんと食人鬼でもありました。

人を食べることがどんどんエスカレートしていって、最終的には神をも食べてしまい、なんとも醜悪な姿になってしまいました。

しかしそれでも「薪の王」としての資格を持っていたので、あるキャラから、「そんな奴でも薪としての資質を持っていれば、王を語ることができるんだ」などと皮肉を言われていました。

そんな背景に思いを馳せながら、神話の時代を生き抜いてきた猛者達と戦えるという、なんとも戦場が熱いのです。

「ドラゴンクエストⅥ~幻の大地~」感想・あらすじ。賛否両論のSFC最終作
スーパーファミコン(DSでも後に発売)で1995年にエニックスから発売されたドラゴンクエストⅥ~幻の大地~がテーマです。 「ドラゴンクエストⅥ~幻の大地~」のあらすじ 主人公(決まった名前はないのでアルスとします)、ハッサン、ミレーユの...

まとめ

全体的にとても暗い世界が舞台となっているように感じますが、それと裏返しにこの世界が定めた秩序が織りなす切なさも併せて持つ、最高の世界観なゲームでした。

初めは「食わず嫌い」から始まった私ではありましたが、今ではすっかりこのゲームに魅了され、このゲームに登場するキャラクターのフィギアをコレクションしたいほどです。

噛めば噛むほどクセになってゆくスルメのようなゲームであります。

タイトルとURLをコピーしました