「バチカン奇跡調査官」のネタバレやあらすじを紹介。誰でも読める中辛くらいのホラー度数

「バチカン奇跡調査官」のネタバレあり感想

2人の熱い信頼感がなによりも現代社会には無いような温かい感情を感じさせてくれるので2人がどうなっていくかも目が離せないですし、少しずつ物語の確信が暴かれて話が進んで行くのですが、それがかなりの展開で読めば読むほどページをめくる手が止まらない!!

始めは奇跡調査に行ったら殺人事件に巻き込まれた・・・くらいの話だったのですが、気付いたら秘密結社、FBI、テロリスト など色々な組織が絡んだ世界問題に2人は知らぬ間に巻き込まれることになって行く姿にドキドキハラハラが止まりません!

何よりこの作品はシリーズ通して定番にある『お約束』の流れがありましてそれがもう面白い!

事件当事者の視点で描写される事件の真相を意味深に描写したプロローグ、大体ロベルトが平賀に食事を作ったりお店へ食べに行ったりして食事を取る2人の日常風景、サウロ大司教から連絡が来て呼ばれ奇跡調査を任命される、その巻の舞台となる奇跡調査の申請があった地に出向き調査中の滞在先となる教会に当てられた居所を机のポジションを変えたり検査機械を置いたりして2人好みに模様替えするこの作品の一番の『お約束』シーン、何も糸口がわからないままそれぞれ調査を続ける、奇跡調査を続けるうちに殺人事件に巻き込まれる、奇跡と事件両方の調査をしているうちに大体何らかの隠し通路をどちらかが見つけ全て謎が解決し黒幕と対峙するクライマックス、なんやかんや助かり全て解決する、そして最後の最後にとんでもない事実が1つ発覚して次巻に繋がって行くエピローグ・・・

もちろん最近は全く違う流れの巻が多かったり例外もありますが大体この流れなんです。

しかしどの巻も魅力的な話ばかりですし全く同じ流れにはならないので微塵も飽きません。

是非全ての謎が解決して油断している時に突き付けられる超絶スパイシーなとんでも無い事実を知って全身の毛穴が開き全身のアドレナリンがドバドバ出て次巻が気になる感覚を味わっていただきたい!!

ポイント1: 舞台がバチカン

この作品では舞台がバチカンとは言え、意外にもキリスト教以外の宗教の話等も出てきます。

いかんせん主人公が超文系と超理系でどちらも物語が始まった段階でかなりの天才なので2人が話す内容もかなりマニアックな話になってしかもそれが盛り上がってしまうのです。

しかし、話している内容は物語の奇跡や事件の謎に関連したものはもちろん、『ドラキュラ』の謎や『ケツァルコアトル』は実在したのかと言った話もあれば、『魔女』の作ったスープを再現してみたり、頭が良いからこその面白い観点や考察を本来なら非科学的な神秘的な現象を科学で解明したり当時の人たちがこう考えたのでは無いかという話を現代的な観点でしてくれますので難しい話が苦手でも入りやすいです。

特にロベルトは俗学や伝承話にも明るく頭の中の語彙やボキャブラリーも豊富なので平賀が気付けなかったことや他者に言葉が思いつかず上手く伝えられない時にロベルトがそっと横に立って平賀や他者それぞれに理解出来るよう言葉を噛み砕いて選びながら伝えるシーンが良く描写されます。

それでもしっかり互いの話を聞いて会話をしているのですから2人の普段からの信頼関係をひと文字ひと文字から感じて行く!

そのなかでコミュニケーションを取るのが得意では無い平賀も巻を重ねて行くごとにロベルトがいなくて一人で調査を続けなくてはいけない時「ロベルトならどうするだろう」と相棒の言い方を思い出しながら聞き込み調査をする姿を読む事が出来、2人が物語を進めるうちにより強固なものへ信頼を固めて行く心情の変化も描写されていて胸が熱くなります。

専攻ジャンルの全く正反対の平賀とロベルトですが、2人の会話は文系の方も理系の方も楽しめます!

ポイント2:表紙を飾るイラストが美麗!

視覚装飾画家、イラストレーターのTHORES柴本先生による幻想的で美麗なイラストが作品の怪しく美しい世界観を彩ります」!

THORES柴本先生は沢山の小説の表紙を普段からお仕事で描かれていて、爪の先から髪の毛1本まで細部を線画から精巧に描かれておりロザリオの重厚な質感、装飾の荘厳さからレースやフリルの柔らかさ、僧衣(カソック)の麗しさその衣擦れの音まで聞こえて来るような線の機密さ、息を呑むようなキャラクターの視線の目力。

そしてなによりもTHORES柴本先生はゲーム会社で彩色のお仕事をされていたこともあり、小説の何とも言えない『何か起きそうでダークな怪しい空気感』を絶妙な色の配色で細かく塗られていて何度見ても飽きません。

最初は美術画のようなその美し過ぎるイラストがきっかけで表紙買いしたのですが、読めば読むほど文章の中身もかなり魅力的でとにかくトンデモ展開が度肝を抜いてページをめくる手が止まらなくなります。

全て読み終わって全ての謎が解けたあとに表紙を見返すと先生がどれだけ作品を読み込まれてお描きになられたのか良くわかってゾクゾクししてしまいます!

本当に表紙も込みで完成された総合芸術のような小説だと作品を手に取って読むたびに思います。

「サヨナライツカ」のあらすじ・ネタバレ。25年かけた壮大なラブストーリー
今回は「サヨナライツカ」のあらすじ・ネタバレを紹介します。 名作として有名なので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 「サヨナライツカ」のあらすじ 1975年、始まりはバンコク。 夢を追ってこの地に降り立っ...
タイトルとURLをコピーしました