漫画「ワンピース」私が選ぶおすすめベストエピソード

漫画アニメレビュー
出典:ONEPIECE

私が唯一、買い続けているのが「ワンピース」です。

何年も買い続けている理由が、過去キャラが再登場するから、社会的な問題が反映されているから、キャラクターの成長が分かるからなどの理由です。

過去キャラが再登場

普通、少年マンガだと一度倒した敵はあんまり出てきません。

また、倒して仲間になるなど、メインキャラになっていくのが普通です。

だけど、ワンピースは違います。過去に倒した敵が何回も登場します。

しかも伏線を回収する重要キャラになっていたり、実は重要キャラだったりなど目が離せません。

例えばバギーです。ワンピースの初期の時、すでにルフィが倒しました。

それでバギーの話はおしまいだと思ったら、インペルダウンでルフィと共に脱獄する主要キャラで再登場しました。

また、その後は海賊派遣会社を設立と気になる動きもあります。

ルフィが倒した後に共に脱獄しても仲間じゃありませんし、絶妙な間柄が個人的に好きです。

また、ルフィが倒したクロコダイルも気になる点があります。

倒した後、ずいぶん後にイワンコフに弱味を握られているのが分かりました。

なんの弱味なのか未だに分からず、過去キャラ扱いできない存在です。

そして、つい最近まで戦っていた敵、ビックマムも過去キャラになっていません。

少年マンガなら倒していくのが普通ですけど、ビックマム編ではルフィが逃亡しただけで決着がつかずです。

これもどうなるか気になります。

ただ倒していくだけでなく、倒した敵が再登場してさらに気になる存在なのがワンピースの凄さだと思います。

「美少女戦士セーラームーン」あらすじ・感想。日本を代表する女子の憧れヒーロー
私が好きな作品が「美少女戦士セーラームーン」です。 これは私が幼稚園の頃に見ていたアニメで、一時期「セーラームーンなんて」と思って避けていたのですが、高校生になって受験のストレスからか再熱してセーラースターズを一気見したこともあります...

社会的な問題が反映されているから

社会的な問題が反映されているなと初めて感じたのがアラバスタ編です。

王下七武海海賊のクロコダイルがカジノを運営し、国民に人気という設定でした。

今でいうなら暴力団がカジノを運営していて、認定暴力団がいるから他の海賊に国を狙われないという設定です。

国も海賊が悪さをしないから、守ってもらって感謝しています。

クロコダイルは結局、国取りを企てていましたが、悪いヤツでも国を守ってくれるなら味方と思っていたのが今の世の中に通じます。

また、ルフィが育ったゴア王国では国王を中心にした世界でゴミ山の住人は死んでもしょうがない存在でした。

そして、ワンピースの世界でも問題になっている魚人の差別や人身売買もあります。

天竜人が人以上の存在で、人殺ししても問題ないなども世の中に通じるものがあってリアルですし、革命軍が世界政府を倒そうとしているなどもあります。

こういった社会的問題が反映されているから、ワンピースはリアリティがあります。

404 NOT FOUND | あらガール
いろいろな作品の「あらすじ」を紹介。感想や考察も。

キャラクターの成長が分かる

ワンピースはかなり長い物語の中で、それぞれのキャラクターが成長していくのが好きです。

ルフィやゾロのように戦いが強くなるキャラクターもいれば、精神的に成長していくのも見どころです。

例えばルフィ。ただのゴム人間で、ロギア系に比べれば強さは感じません。

だけども、鍛えてロギア系など関係なく倒していきます。しかもルフィは一環してブレません。

話を聞かない突進していくタイプなのは初回から変わりませんが、仲間との絆が強くなっています。

仲間を絶対に疑わず、仲間のためにパワーアップするのは少年マンガでありがちなんですが、ワンピースはそういった少年マンガらしさを忘れません。

そして、麦わらの一味はそんなルフィをサポートする関係性が好きです。

サンジも最初から強いキャラで登場していますが、ジェルマの一族だった過去が分かり、ホールケーキアイランドで絆を深めたのが感動しました。

そしてナミやウソップは、怖がりで戦闘員じゃないのは登場から変わりません。

だけども戦えば怖いなりに敵を倒したりして、最初の頃よりもパワーアップしています。

特にウソップは見聞色の覇気を身に付け始め、怖がりなのに強いキャラと味が出ています(笑)

長い物語の中で、麦わらの一味が絆を深めたり、戦闘能力が高まったりと親の目線で成長が分かるのが、ワンピースが飽きない理由の1つです。

「バクマン」あらすじ・感想。少年は少年漫画の世界で夢を掴めるか
「バクマン」あらすじ 物語は、埼玉県谷草市、主人公の「真城最高」は中学3年の普通の男の子。 叔父に漫画家であった、カワグチタロウの親戚に持ちよく昔から叔父のもとに漫画を教わりに行っていました。 その頃の最高は叔父に憧れ漫画家を...

一番好きなのは風車村の話

長いワンピースの歴史の中で、私が一番好きな話が風車村の話でした。

ナミの故郷で、強い魚人が支配しています。

ナミは育ての親を魚人に殺されますが、ナミは魚人の下で風車村を自由にするために言いなりになっていました。

しかも、それが村人に分からないようにしていて、村人は支配している魚人の仲間になったとナミを軽蔑しています。

だけども魚人はナミを裏切ります。

ナミは今までの努力を無駄にされますが、また一からやり直すと気丈に振る舞います。

そして村人はナミを軽蔑していた訳ではなく、ナミが逃げ出したい時に逃げ出せるように、ナミの犠牲を知らないふりをしていただけでした。

ナミは結局、ルフィに助けを求めます。

そしてルフィが見事に魚人たちを倒して、ナミは真の仲間になりました。

ここの話が非常に感動しました。

育ての親のベルメールさんがナミたちをかばって殺されたのも泣きましたし、ナミが裏切られても気丈に振る舞うところ、村人が強い魚人に逆らう意思を示したところ、ルフィがナミを想って働かされた部屋をぶっ潰したところなど、ラストは感動しっぱなしでした。

誰かを想う気持ちが強くて、マンガながらに感動しちゃいました。

ワンピースはこういった感動する話がたくさんあり、どの話も心に残るのが大好きです。

「ソードアートオンライン」あらすじ・感想。異世界転生人気の代表的作品?
まず始めに簡単にソードアートオンラインについて書きたいと思います。 ソードアートオンラインとは川原礫先生による2009年から現在まで続く電撃文庫発売のライトノベルになっており、様々な出版社からコミカライズ作品が出ております。 ま...

ワンピースのこれからを考察

ワンピースは、少しづつ伏線を回収していってます。

ラフテルの由来がつい最近分かり、そういう事なのかと思いも付かない方法で物語が進んでいます。

なので、結末は全く分かりません。ただ、ルフィがワンピースを見つけるのは絶対にあります。

そのワンピースがなんなのかネット民が考察していますが、どれも信憑性はなしです。

そこで、私が考えられるワンピースはこれらです。

  • 海が1つになり、魚人や手長族など全ての種族が平等になる
  • 海賊王のものすごい宝
  • ルフィが海賊王になること
ワンピースは「ひとつなぎの」と言う意味なので、今は別れている海が1つになるのではないかと思います。

そして、天竜人が廃止されてみんな平等になり、魚人族が海の上で生活できる世の中になるんじゃないかと思います。

魚人族が海の上で生活するのは、オトヒメの悲願でしたし、革命軍は政府を潰そうとしてるので最終的にそうなるんじゃないかなと思います。

だけどそうなった場合、ルフィにとってメリットはなしです。

ルフィは元々、差別はしていないし、世界がどうこうなってもあんまり関係ありません。

なので海賊王のものすごい宝がラフテルにあるのではないかと思いますが、回想シーンで海賊王が出てきてもそんなにお金持ちって訳じゃなさそうです。

なので、海賊王の宝がワンピースというのも無理っぽいです。

そして、ルフィが海賊王になるのがワンピースなのかもしれませんが、海賊王になったからといって何かルフィに変わる訳でもなさそうです。

ルフィは海賊王を目指しているので、最終的に海賊王になると思うのですが、その先が読めません。

ワンピースというマンガのタイトルなので、なにかでっかいものが最終的にあるんじゃないかと思いますが、何か分からないのが正直な話です。

ネット民では、ルフィが月の民の子孫だとの情報もありますが、月の民の子孫だからどうなるとも分かりません。

ワンピースは長い物語で、それこそひとつなぎの宝みたいな話です。

これからも私がワンピースファンでいるのは間違いなく、早く新刊発売にならないかと心待ちにしています。

タイトルとURLをコピーしました