MORPG「ドラゴンネスト」あらすじ・感想。10年経ったベテランMOの実力とは

ゲームレビュー
出典:無料ゲームクラブ

パソコンがあってダウンロード・インストールをすればすぐに楽しめるのがネットゲームの良いところです。

基本無料で楽しめるものも多いですし、そのジャンルも増えています。

今回、オススメしたいのがリリースから10年のMORPG「ドラゴンネスト」です。

MORPG「ドラゴンネスト」のあらすじ

遠い昔。幸せだったある国に邪悪な思いから生まれた惨劇がおきました。

町を焼き尽くすドラゴンや魔物。人々は幸せから奈落の底へと落とされてしまったのです。

そんな時に立ちあがたのが「六英雄」でした。

彼らの勇気と強さそして正義のおかげで再び平穏な日々が訪れます。

それから時は流れ今。古代人の予言どおり「暁の予言者」が生まれます。

美しい可憐な少女である予言者の誕生によって、闇に渦巻く者たちが活性化し始めてしまいます。

ある日、少女が住む小さな村の近くにある森で起こった「少女誘拐事件」それと同時に雪深い静かな村で起こった「護送車強奪事件」

この2つが1つの大きな事件が生まれる瞬間だったのです。

そうして世界を守るため。未来を守るために勇者たちが立ち上がります。

404 NOT FOUND | あらガール
いろいろな作品の「あらすじ」を紹介。感想や考察も。

MMORPG「ドラゴンネスト」の登場人物・キャスト

  • 初期4職 クレリック・ウォーリアー・ソーサレス・アーチャー。それぞれ成長によって2職その後4職に分岐。
  • アカデミック 成長によって2職その後4職に分岐。
  • カーリー   成長によって2職その後4職に分岐。
  • アサシン   成長によって2職その後4職に分岐。
  • レンシア   成長によって2職その後4職に分岐。
  • マキナ    成長によって2職その後4職に分岐。

そのほか、アップデートなどにより外伝職が追加されている。

声優陣が豪華で、浪川大輔さん・小清水亜美さん、平野綾さん、悠木碧さん、緑川光さんなど。

NPC声優には、森川智之さん、GACKTなども参加している。

「ファイアーエムブレム風花雪月」あらすじ・感想。350時間遊べるSRPGの超名作
今回私が紹介させて頂きたいのは「ファイアーエムブレム風花雪月」というニンテンドースイッチで発売したゲームソフトになります。 プレイすればするほど、どんどん夢中になれるこのゲームを350時間ほどプレイしましたが、その魅力が少しでも伝える...

MORPG「ドラゴンネスト」のネタバレあり感想

ポイント1: 個性を生かせる職と転職展開

職業が多いので、自分自身で「何を特化させたいか」「どんな武器を持ちたいか」で選ぶことができる。

また、その中でさらに細分化するので初めてネットゲームをする方でも比較的に装備などを選びやすい。

モーションやスキル発動時の声などもしっかりとしているので、見ていて楽しめる上にスキルエフェクトが派手でかっこいいものが好き・可愛いものが好きという方も満足できる仕上がり。

ポイント2:各職業によってのストーリー展開

大まかなストーリーは決まっているものの、各職業ごとのオリジナルシナリオに沿って話が進んでいきます。

ですので、思わず全部の職業のストーリーを追いたいと思えるゲームです。

どんな職業でも、さまざまな理由や裏付けがしっかりしていて、誰しも抱えるような闇の部分も描かれているので思わず涙することもあります。

マンガや海外では映画化もされているほど重厚なストーリーは、ゲームが好きという方はもろちんですが本や映画を見るのが好きという方にもオススメです。

ストーリーに関しては、レベル上げとともに展開していきます。

ネットゲームはレベル上げが面倒だったり退屈に感じることも多いのですが、ドラゴンネストは全くそのようなことがありません。

楽しみながらレベル上げができるのです。

ポイント3:さまざまなイベント

周回や討伐イベントといったある程度の装備要求があるものから、バレンタインやクリスマスといった季節に合わせて誰でも楽しむことができるもの。

ソロから友達同士でのプレイで報酬が得られるもの。

そしてログインだけで報酬があるなど実に豊富なイベントが開催されています。

思わずクスッと笑ってしまうようなものもあり、ユーザーの楽しみの1つです。

以前は、コンビニエンスストアなどとコラボレーションをしたこともありました。

オフラインイベントもこれまでたくさん開催されています。

公式のオフイベントは、新情報からオリジナルグッズのプレゼントなど盛りだくさんでした。

さらに大規模に開催されたのが「世界各国の代表が戦う対人イベント」です。

各国で選抜が決められて、精鋭たちが戦います。中継もはいりましたし、動画としても残るほど大盛況でした。

オンラインばかりではなく、オフラインでも楽しめるネットゲームなんです。

ポイント4:ソロから大人数まで楽しめる

人とコミュニケーションをあまりとらずにソロで楽しみたいという場合も、十分に楽しめる内容になっています。

友達と一緒にパーティーを組むことでボーナスポイントが入ったり行ける場所が広がるという事もありますので、仲の良い人と少人数で遊びたいという希望もかなえられます。

エンドコンテンツというものが用意されており(ドラコン討伐)、これは8人で討伐に行くシステムです。

大人数ということになりますが、難関をクリアするためにみんなで上手な立ち回りを試行錯誤したり、それぞれの職の役割や特徴を活かしたりとじっくり楽しむことができます。

なお、ドラゴンの早期討伐者には特別な報酬が用意されるという「DN1グランプリ」というものも開催されますので、本気で遊びたいと考える方にもピッタリです。

ポイント5:課金について

課金システムは用意されています。

お金をかけることもできますが、無課金で遊びたいという場合にも問題ありません。

レベルアップ報酬システムといって、レベルが上がるごとにあけられるボックスが用意されているので、課金をしないと先に進めない・戦えないということは一切ありません。

また、取引所システムがあるので課金アイテムを取引所経由で購入することができます。

購入方法はゲームの中の通貨が必要になりますが、これはゲーム内のアイテムを売ったり魔物やクエストクリアによって得ることができますから、ユーザー全員が手にできるものです。

時々、イベントでログインガチャというものがあります。

そのことによって課金アイテムがゲットできることもあるので、ワクワク楽しく強くなれます。

ポイント6:爽快感と可愛さ格好良さ

アクション性が高いので、爽快感がばつぐんです。

アクティブにスピーディーに動ける職もありますし、逆にあまりスピーディーな動きは合わないという際にはそれに対応している職もあります。

ヒーラーでもそれなりに戦闘力があるのがドラゴンネストの特徴ですから、職によって苦痛さが伴うということは少ないです。

そして可愛さと格好良さ。

アバターシステムが導入されていますから、可愛い・格好良い服を着せて楽しむことができます。服には能力がついているので簡単に強くなれるアイテムでもあるんです。

能力はありませんが、時々イベント時に配布をされることもあるアバター。

街着として楽しんだり、お友達とおそろいのファッションで写真(スクショ)をとったりとコミュニケーションを楽しめるのも魅力的です。

まとめ

無料でも十分に楽しめて、年齢性別問わずに楽しめるドラゴンネストをご紹介しました。

10年も続くネットゲームタイトルはあまり多くありません。

長く愛されるにはたくさんの魅力や理由があるからなのです。

そして、アップデートも月に1回ずつ行われていますので飽きてしまったりということも少ないので作業感なく長く楽しんでいただけます。

ユーザーも優しい人が多いのでギルド募集を見たり分からないことは質問してみると良いでしょう。

BGMやNPCの個性も素晴らしいので、ぜひとも一度プレイをして「冒険者」として楽しんでいただきたいです。
タイトルとURLをコピーしました