漫画「キャプテン」の感想・あらすじ。君は痛めた指でフォークが投げられるか

漫画アニメレビュー
出典:公式

主人公「谷口たかお」とう元々青葉学院今でいう大阪桐蔭高校のような、高校出身の主人公が名門青葉学院の二軍の補欠だったということを隠しながらチームのキャプテンになり、チームを引っ張り青葉学院に打ち勝とうという物語です。

その物語をいくつかの見出しに分けて紹介したいと思います。

青葉の生徒がやってきた。

墨谷二中にある転校生がやってきた。

最初は、普通の転校生かと思ったら、着てきたユニホームは名門青葉学院のユニホームでした。

そのユニホームを見たチームメイトは、驚き転校生である谷口たかおがとても野球がうまい子だと勘違いした。

その調子で打席に立ってもらって、打ってもらうことになった。

本当は野球が下手なのに打席に立って恥をかいてしまうと思ったけれど、来たボールを振った瞬間自体が変わってしまった。

デッドボール付近に来た球に反応して、ホームランを打ってしまうのであった。

チームメイトたちはさすがと言っていたが、谷口はえらいことになってしまったと思った。

上の代の先輩が引退すると、その先輩からキャプテンに任命された谷口だった。

谷口は元キャプテンに、自分は青葉学院の二軍の補欠だったということを打ち明けたが、そんなことは知っていた。

お前がキャプテンだ。と言われ、キャプテンを引き受けることになった。

キャプテンとして自分が手本になろうと決心してから地獄の特訓が始まった。

「バチカン奇跡調査官」のあらすじ・感想。誰でも読める中辛くらいのホラー度数
あなたは角川ホラー文庫より出版されている『バチカン奇跡調査官』という小説をご存じでしょうか。 知る人ぞ知るかなり面白いサスペンスホラー小説です。 ホラーと言っても耐性の無い筆者が読めるくらいですからカレーで言えば中辛くらいのホラ...

地獄の特訓編

谷口の父は大工であった。

その父にマシーンをつくってもらい、その出てきたボールを至近距離でキャッチするという練習や、10球連続で的に当てるまで終わらないピッチング練習などといった地獄の練習は、父がつきっきりであった。

チーム全体の練習では、ノックしか打たなく監督的なポジションでみんなを指示していたので、きつい練習を課せられていたチームメイトたちは、フラストレーションがたまっていった。

そんなある日、チームメイトたちはキャプテンである谷口に抗議をしに行った。

自分たちだけつらい練習をして、キャプテンはしていないと思ったからだ。

しかし、谷口の家の近くで至近距離でキャッチの練習をしてボロボロになっているキャプテンを見て、チームメイトたちは、キャプテンのほうが練習をしていたんだということに気が付いた。

そこから、チームメイトたちは黙々と練習するようになった。

大会が始まり、順当に勝ち進み、決勝で青葉学院と試合ができるようになった。

決勝戦の一週間前、青葉学院の練習を見学しに行った。

墨谷二中のメンバーは度肝を抜かれることになった。

そこで、キャプテン谷口は、地獄の合宿をすることにした。

墨谷二中のメンバーのは青葉の練習を見てあきらめかけていたところでのキャプテンの提案は、さすがだと思ったし、カッコよさが詰まっているように感じた。

「はたらく細胞」あらすじ・感想。大人がハマる漫画・アニメ
はたらく細胞はアニメ化やスピンオフ作品も出てとてに人気の漫画になりました。 そして2021年1月に「はたらく細胞」のアニメ第2機が放送スタートになります。 あと約8カ月後ぐらいでしょうか。 楽しみです。 その前に第1...

地獄の合宿編

青葉の練習を見て始まった合宿は想像を絶するものであった。

朝から晩まで野球づけで、ノックやバッティングの距離を二分の一にして行うような練習を毎日していた。

そんな中、やめていくやつが出ていき、最後には、約10名しか残らなかった。

その10名で一週間を乗り切り、青葉との決勝戦に臨むことになった。

ここまでを読んで高校まで野球をしていた私の心は踊ることしかなかった。

少し昭和な感じが心に厚く響きこの時代の良さを表している。弱小校が強豪校を倒しに行くといった王道漫画でありながら、今の時代にはない何か懐かしいものを感じさせるマンガの象徴のようだ。

「仮面ライダー龍騎」のあらすじ・感想。今のニチアサでは無理かもしれない作品
私が語る大好きな作品は「仮面ライダー龍騎」です。 2002年に「平成仮面ライダー第3作」として放送されました。 当時は社会現象になるほど人気となりました。 しかし、そのブームが報道された切り口は「イケメンがたくさん出ている...

決勝戦でに敗北

決勝戦は激戦の戦いだった。

両者一歩も譲らない中、観客の人からもうやめてあげてといわんばかりの両チームの疲弊。

この熱戦を制したのは青葉学院だった。

さいごは谷口の一打で同点かと思われたが、走者の五十嵐が力尽きてホーム手前でたおれアウトとなりゲームセットとなった。

両者に拍手が喝さいの中青葉学院の監督も墨谷二中が、ここまでやるとは思えずとても驚いた表情だったことが印象的だ。

この漫画の良いところは、とにかく熱い展開が繰り広げられていくというところだ。

実は、このつづきでは、谷口が引退した後のストーリーもあるのだがやっぱり谷口がキャプテンという子の代の話が一番盛り上がるだろう。

他人にやさしく自分に厳しくというモットーの谷口は、すごく偉いと思ったし、この考えは、社会に出ても役に立つだろうと思った。

自分に対しては、厳しくしなければならない。

このことを再認識させてくれるこの漫画は、私史上とてもためになる漫画の一つだ。

ほかにも野球漫画でいうと、メジャーやドリームス、風光るといった有名なまんがが数多くあるが、一番熱い漫画はキャプテンだと思う。

時代が令和になり少し穏やかな人が多くなってきた日本人の心を躍らせる漫画は、これだと確信している。

本当にあつく楽しくためになるこのまんがはみんなに読んでほしいと思います。

ブックオフなどで安く売っているので是非買ってください。

タイトルとURLをコピーしました