Netflixオリジナル作品「マリッジ・ストーリー」あらすじ・感想。結婚生活はドラマチックである

映画レビュー
出典:公式

この作品は、結婚に対してリアルに向き合い、家族を美しさもお互いをののしり合うような醜さも全てを盛り込んだ物語で、Netflixのオリジナル作品でアカデミー賞にノミネートされたことでも有名です。

スカーレット・ヨハンソン演じるニコールとアダム・ドライバー演じるチャーリーはお互いの方向性の違いですでに別居状態で、穏便に離婚手続きを進めていこうとカウンセリングに通っていました。

そこでお互いの長所を書いた手紙を読み合うのですが、ニコールは途中で読むのをやめて出て行ってしまいます。

女優として認められたい、活躍したいという思いがある一方でなかなか思うように進まないニコールの一方で、監督のチャーリーは評判を得て認められていく、お互いに少しずつすれ違いかみ合わなくなっていく様子がリアルに描かれています。

所々で幸せだった頃の二人と子どもの姿が映し出されるのですが、とても幸せそうなんですよね。

お互いを理解して支え合っているまさに理想の家族像があるんです。

ニコールは家事ができないので、チャーリーがそこを補い、身だしなみに興味のないチャーリーのためにニコールが髪を切ってあげる。

なぜそんな二人が離婚するまで進んでしまったのか、それは物語が進むうちに明らかになっていくのですが、女性なら共感せずにはいられない部分があります。

結婚するまでのニコールのキャリアは順調だったわけです。

それが結婚し次第に人々の目が自分ではなく、夫であるチャーリーに向けられるようになり、息子が生まれると母として妻として…というところも出てくるというまさに女性ならではの葛藤と悩みがあるのです。

それにチャーリーは気付けませんし、チャーリー自身も自分の活躍をニコールには心から喜んでもらいたいのに、なんだかそうでもない…といった中で同じ劇団の女性と浮気をしてしまうところからますます事は複雑になっていくのです。

離婚調停の泥沼がリアル

ニコールもチャーリーも最初は弁護士を使わず離婚の手続きを進めていこうとするのですが、ニコールが知り合いの弁護士に話してしまったことから事態は泥沼化していきます。

後半のニコールとチャーリーのののしり合いはかなりリアルで、生々しいものがあります。

ですが、お互いに思っていることをはっきり伝えられないまま進んでしまった中での本心を伝え合うシーンになるので、鬼気迫るものがあります。

そして、ののしり合いをする中で、いかにお互いがお互いのことをよく理解しているかを目の当たりにするのです。

たくさんの誤解もあり、文句があってもお互いに愛し合っていた事実は間違っていなかったということがそのやり取りを聞いていて伝わってくるから不思議です。

過激な言葉もたくさん出てくるのですが、言っている本人たちが言いながら傷ついて、最後にはもう力尽きているシーンは涙なしでみることはできません。

本当はそんな言葉言いたくないけど出てしまった言葉は戻らない。

私は結婚していませんが、夫婦げんかの究極ってこんな感じなのかなと思わせるシーンです。

ドラマ「簡単なお仕事です。に応募してみた」あらすじ・感想・最終回後の考察
まずこのドラマを見たきっかけとして、初主演となった岩本照、渡辺翔太、目黒蓮、ラウールのSnow Manのメンバーが出ていたからです。 もともとSnow Manが好きでメンバーが出ている番組やYouTubeなどをチェックしていました。 ...

最後の手紙は感動

そんな二人の子どもが、たまたまニコールが最初のカウンセリングのシーンで読むことを止めてしまったお互いの長所を書いた手紙を見つけて声に出して読み始めます。

その内容は、夫婦という関係性を超えた人としての相手へのリスペクトがある言葉が連なられていました。

それを静かに聞くチャーリーの表情はなんともいえない深い感情があふれているものでした。

その部屋の入り口でニコールも黙って耳を傾けて自分が以前書いた手紙を思い返しています。

二人の関係が始まったはじまりに思いをはせ、ただ愛しているとか好きだとかそんな薄っぺらい言葉ではとても言い表せないような深い思いがあったことに気付くのです。

結果、二人の関係性はののしり合うようなぎすぎすしたものではなく、なんだかまた新しい何かが芽生えそうな穏やかなものになり物語はそこで終わります。

果たして離婚したのか、はたまたよりを戻したのか気になる展開はあえて書かれていないというところも、観ている人に結末をゆだねているようなニュアンスがあっていいですよね。

404 NOT FOUND | あらガール
いろいろな作品の「あらすじ」を紹介。感想や考察も。

結婚について考えさせられる作品

この作品はこれから結婚を意識する年代になる20代にも、すでに結婚してその生活になんだか閉塞感を抱いている年代の人にも響く作品になっていると思います。

これから結婚を考える人にとっては、結婚のリアルについて考えさせられる作品でしょうし、後者の人にとっては自分の結婚生活を振り返り、出会った頃を思い出すきっかけにもなると思います。

おもしろいことは、この作品が結婚や離婚に対して批判も批評もしていないところで、変に結婚を後押しすることも、離婚を肯定することもしていないので、観ている人たちがそれぞれの価値観で判断できる余地を残しているところにあると思います。

タイトルとURLをコピーしました