「美少女戦士セーラームーン」あらすじ・ネタバレ。どんな最終回だった?

セーラームーンの原作漫画とアニメの違い

漫画とは違い、アニメでは少女たちの日常やギャグ要素が多く含まれています。

また、キャラクター設定や戦士が使える技など、原作とは異なる部分もあるようです。

当初は原作に沿ってストーリーが展開されていました。

しかしアニメが原作に追いついたことでオリジナルのストーリーが生まれたのです。

現在でも知られているこの原作の最大の問題点の一つが、セーラームーンの最終回です。

アニメでは第1シリーズの最終回、漫画ではダークキングダムを倒した後です。

アニメでは月野うさぎちゃんを除く4人のセーラー戦士が全員死んでしまいます。

当時はこの最終回を見た子供たちはショックを受け、抗議が殺到しました。

その後、アニメのストーリー展開は緩やかな展開になりました。

もちろん、第2シリーズに進むと、死んだはずの戦士たちが全員生き返ってきました。

しかし、一度は殺されてしまったショックはそう簡単には癒えなかったと思います。

物語は第3シリーズ、第4シリーズと続きます。

第5、最終シリーズでは3人の戦士に焦点を当てており、この点も漫画とは違う点です。

「美少女戦士セーラームーン」ネタバレありストーリー解説

この作品は正直変身したところで見た目が大きく変わらないので、プリンセスも「セーラームーンがプリンセスでしょ?」と思わせていて、現在のアニメのような伏線などはあまり張られていません。

しかし、敵との関わり方は意外な展開になることが多く、特にネフライトとうさぎの親友である大阪なるが恋人関係になる話は衝撃でした。

また、うさぎの浄化の力であやかしの四姉妹が一般人になったり、アマゾネスカルテットがちびうさの友達になったりと嫌な終わり方をしないのがこの作品のいいところかなと思います。

唯一伝説のトラウマ回と言われている、一期の最終回でうさぎたちが全員戦死する話は子どもからするとかなりのショックで、私も未だに見るのに躊躇してしまいます。

それを超えればいい終わり方ばかりなので、楽しく見ることができます。

「僕等がいた」のあらすじ・ネタバレを紹介。ダークな青春時代を謳歌せよ
今回は「僕等がいた」のあらすじ・ネタバレを紹介します。 「僕等がいた」は中学校のときに友達からおすすめされて、別の友達がもう読まないからとくれたので読み始めました。 思春期真っ盛りだったので「高校生になったらこんな恋愛するのかな...

「美少女戦士セーラームーン」のポイント

1.うさぎがすべてを愛するその姿

うさぎは前述の通り、すべての人を平等に愛することができる人物です。

愛する心がなければ、敵を浄化して良心に戻すような戦い方はできません。

そして、彼女がすべてを愛するが故に、彼女自身も周りからとても愛される存在になります。

プリンセスだから守られているということももちろんありますが、彼女がみんなを愛しているから自分たちも彼女を愛したいという柔らかい関係性が垣間見えます。

私もこのことに気づいて、すべての人を愛するように心がけるようになりました。

うさぎの性格は人の行動さえも変えてしまいます。

2.各回に登場する敵のザコキャラが面白い

敵は自らが手を出すのではなく、一般人や身の回りのものに邪悪な心を宿してザコキャラに仕立て上げて攻撃させます。

これが毎回違うキャラクターなので違いを見ることができて面白いです。

うさぎの家に出現して「こんな狭い家ですが楽しんでくださいね」と言ったり、敵と同じバレエのスカートを履かされたうさぎに対して「あなたはちょっとお肉が…」と指摘したりとコメディに見せてくれる工夫がされています。

もちろんしっかり戦闘シーンもあるのですが、怖い印象を避けるためか戦闘シーン自体は短めに設定してあります。

そのため、小さい子どもでも安心して見ることができます。

「魔女の宅急便」のあらすじ・ネタバレ。少しずつ「大人」になっていく成長物語
今回は「魔女の宅急便」のあらすじ・ネタバレを紹介します。 よく地上波で流れる作品でもあるので、知名度は高いです。 しかし最後まで見たことはない人も結構いるのではないでしょうか。 「魔女の宅急便」のあらすじ 「魔女の宅急便」の...

「美少女戦士セーラームーン」まとめ

セーラームーンは女子みんなのあこがれと言ってもいいくらい歴史に名を残した作品です。

現在リメイク版のアニメも放送しており、当時彼女に憧れていた女子たちが大人になってまた再熱している様子がSNSを通じてもよく分かります。

また、コロナウイルスで様々な作品が無料公開されている中でセーラームーンも公開されています。

これを機に、自分の子どもに見せるいいきっかけになるかと思います。

こんな素敵な作品に出会えて私はとても嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました