「イエスタデイ」のあらすじ・感想。ビートルズを誰も知らない世界でどう生きる?

映画「イエスタディ」あらすじ

主人公のジャックは冴えないシンガーソングライターでアーティストになる夢を諦めかけていました。

ある日、突然の全世界の停電の際に自身は車と衝突する事故にあってしまいます。

ジャックが目覚めた時、世界はあの有名な「ビートルズ」を誰も知らない世界に変わっていました。

最初は信じられない彼だったが、ビートルズの曲を演奏するうちに、誰もから「すごい曲だ」・「名曲だ!」と誉めたたえられ、彼は一気に音楽界の頂点に上り詰めてしまいます。

404 NOT FOUND | あらガール
いろいろな作品の「あらすじ」を紹介。感想や考察も。

「イエスタディ」の登場人物・キャスト

ジャック役:ヒメーシュ・パテル

エリー役:リリー・ジェームズ

本人役:エド・シーラン

デブラ役:ケイト・マッキノン

漫画「銀の匙」 あらすじ・感想。農業高校に入学したガリ勉男子高校生の運命
漫画「銀の匙」 あらすじ進学校で勉強に挫折し、親からのプレッシャーから逃れるため「寮があるから」という理由で農業高校に入学した男子高校生の学校生活を描いた作品です。漫画「銀の匙」 登場人物八軒勇吾御影アキ駒場一郎南九条あやめアキの叔父アキの

「イエスタディ」のネタバレあり感想

ポイント1

まず設定は単純で考えそうな話なんだけど、これを映画にしたのがすごい!そして、上手い!!と感じました。

世界的に、かの有名な「ビートルズ」が本当に世界になかったら、もし自分だけが「ビートルズ」を知っているものとして、ある日分かってしまったら、ということを考えると自分も主人公のジャックと同じように、曲を自分のものとして発表してしまうかも知れないと思いました。

そして現代の音楽とも全く引けを取らず、素晴らしい音楽を残してくれていたビートルズに感謝の念を改めて感じました。

劇中にもあるようにビートルズの曲は現代に発表されていたとしても、人々の印象に深く残り、そして切なく、新しい気持ちを抱かせてくれるのだなと感心をしてしまいました。

エド・シーランが登場してきた時には本当にびっくりしました。

まさか本物が出てくるとは思いもよらず…

今、世界的に有名になっているエドですが、エドもまた、ビートルズに深い尊敬の念を抱いている一人の少年だったのではないかな、と映画を見ながらしみじみ思ってしまいました。

私が生まれる前にヒットをしたビートルズですが、間違いなく本物のアーティストであり、今も色あせることなく、人々に音楽を提供しているのだと思いました。

ジャックが最初に「Let it be」を家族の前で演奏した時のイントロや、エドと即興で曲を作って対決をした時に披露した「Long and Winding Road」の時、少し涙ぐんでしましました。

こんなにキレイな曲だったっけと思い、また、この映画が終わったら必ずもう一度ビートルズの名曲を聞こうと心に決めた瞬間でした。

(ただ、エド・シーランの歌唱力は素晴らしく、この即興での曲作り対決の時もエドの演奏は素晴らしく、映画でなければエドの勝ち!!と思うような声でした。)

ポイント2

この作品のいいところは2点あります。

それは、彼以外にもビートルズを知っていた人(正確には覚えていた人)が2人いたこと、そして、最後の主人公のジャックの潔さです。

彼以外にビートルズを知っている人がいる、それは彼が有名になっていく途中から、不穏な空気が流れますが(ビートルズのメンバーの名前をインタビューで言ったり、イエローサブマリンを出したり)知っている2人がジャックと対面した時、ジャックを責めるのではなく「ありがとう」と伝えます。

それはビートルズの音楽を世に出してくれてありがとう、というものです。

私はてっきり責められる、もしくは「盗作だ!」と言って騒ぐのかと思っていましたが、全く違いました。

彼らはビートルズのことを心から愛しており、世界にないことを嘆いていたが、ジャックが歌ってくれることによって世界にビートルズの音楽が広まることに感謝していた、ということでした。

そして最後の感動的な新しい出会いに向かいます。

また、ジャックの懺悔の仕方もとてもよかったです。

最後に彼は大きなライブのコメントで、この曲たちは自分が作ったものではない、みんなが知らないビートルズのメンバーが作ったものである、と懺悔します。

そして、この曲は売り物にはしない、お金を取らない、無料配信をする、と言うのです。

この懺悔と、無料配信というところがビートルズの時代になかった、現代の音楽を象徴している場面で、とても印象深く、感慨深いなと思いました。

「ビートルズがない世界」、これはきっと主人公のジャックも考えられなかったのではないでしょうか?

ジャックは自身が作ったものとして、世界が知って熱狂していく中、逆にそれについて行けない、彼の孤独感が表れているような表情が多々ありました。

「本当にこのままでいいのか?」と考え、このままではいけない、ビートルズの音楽を演奏すればするほど、やはり世界はビートルズだけを称賛しているような気持ちになったのではないかなぁと思います。

彼自身、ビートルズを愛しているという気持ちが伝わってくるような演技でした。

404 NOT FOUND | あらガール
いろいろな作品の「あらすじ」を紹介。感想や考察も。

まとめ

この映画「イエスタディ」は色々な年代の人が楽しめる映画だと思います。

ビートルズの世代真っただ中に生きた人たち、ビートルズの影響を受け出てきたアーティストが好きな人たち、あまりビートルズは知らないけど…という若者世代。

私の知人で、今大学生の男の子がこの作品を見て「ジョンレノンってあんな顔なんですね。本物が出てきてびっくりしました」と言いました。

今の若者はジョンがもうこの世にいないことを知らない、でもビートルズの曲は本当にたくさん耳にしている、そんな現象があるのだなと感じました。

彼はエド・シーランは知っています。

CDも持っています。

動画も見ることができます。

エドが出演したことも知っていて、ジョンも、と素直に思ったのでしょう。

でもビートルズのジョン・レノンがもういないことを知ってとても悲しんでいました。

映画の中にいい曲がたくさんあったと言いました。

私は彼の言葉に驚きましたが、同時にとても嬉しくなりました。

主人公のジャックが現代の設定でもビートルズの曲を世界に知らせたい、と思ったのと同じで、若者の中にもきっと、もっとビートルズを知りたいと思ってくれる人がこの映画を通してたくさん出てくるのであれば、とても嬉しいことだし、やはりビートルズは素晴らしい存在なんだなと感じました。

クイーンのフレディやマイケルジャクソン、デヴィットボウイがこの世にいないことと同じで、ジョンもこの世にいないことは、世界の大切な宝をなくしてしまったということだと思います。

ただ、こうして映画の中で蘇っても素晴らしい音楽があり、特にビートルズは今の音楽シーンの中でも本当に先駆者的な存在だということを現代の人が改めて感じることができる映画だったというだけでも、この映画は本当に素晴らしい作品だと思います。

これから先新しいものが出てきては消え、色々な音楽が作られていくことになっても、やはり素晴らしい音楽は永遠に人の記憶に残ってほしいと感じました。

そして、私の知人の彼のように、今はこの世にいない、ということを惜しんで、それでも過去の作品を聞いて、また後世に残していってくれる若者が増え素晴らしい偉人達の音楽はずっと引き継がれていくものなんだと思っています。

私自身、もっとビートルズの曲を知りたい、もしジョンがこの世にいてくれたらと思ったのは初めてでした。
(もちろん現在も素晴らしいアーティストはたくさんいますし、この世にいてくれたらと思う、偉人もたくさんですが)

この映画を観終わったあとはとてもすがすがしく、気持ちのいい感情が残りました。

ぜひ多くの人に観てもらいたい映画だなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました